企業PR

「技術で生きる」を経営理念に、ステンレス等の各種金属製品を金型設計からプレス、溶接、組立、表面処理、完成品まで一貫生産ラインにより製造する国内唯一の金属加工総合メーカーです。  今日これらの技術を応用して、ステンレス魔法瓶、カメラ、パソコン、建物金物、蓄熱容器等々、民生品から産業・IT機器に至るまで幅広い製品を取り扱っており、今後も海外拠点とのシナジーを利用して一層の飛躍を目指しております。

  • 携帯電話
  • アルミ
  • パソコン
  • 表面処理
  • 筐体
  • チタン アルマイト
  • ipod
  • プレス加工
  • 金属加工
  • ステンレス

お問い合わせ先

企業名株式会社 東陽理化学研究所
住所〒959-1284 新潟県燕市杣木1961番地
担当者営業開発室営業グループ 係長 / 伊藤健司
電話0256-62-5175
FAX0256-64-5360
URLhttps://www.toyorikagaku.com/
MAILkenji-itoh@toyorikagaku.com

製品情報

金属筐体の一貫生産
金属筐体の一貫生産

金型設計・製作~プレス加工~表面処理までの一貫生産により、総合的な品質管理が可能となっております。

写真説明

金型設計・製作から成形~接合~組立~表面処理技術を備えた、世界唯一の一貫生産メーカーです。 近年、ノートパソコン筐体や携帯型音楽端末筐体など精密外装部品の分野で、国内外から高い評価をいただいております。

非鉄金属(アルミニウム・チタン・ステンレス・マグネシウムなど)の成形・表面処理技術
非鉄金属(アルミニウム・チタン・ステンレス・マグネシウムなど)の成形・表面処理技術

デザイン形状の成形,アルマイト処理 ・ チタン発色 ・ SUS自然発色 ・ 各種洗浄処理の対応など、幅広い要望にお応えできます。

写真説明

難加工材とされているアルミ合金やチタンなどの成形技術を自社で開発、また、その素材が持つ特徴を最大限に生かす多様な表面処理技術も日々研究を重ね、進歩を続けています。その結果として、ハイグレードな一流の量産製品を送り出し続けています。

新技術開発
新技術開発

3次元レーザ加工機: 高品位・高精度で3次元形状の製品をトリム・カットする新技術です。開発期間の短縮と低コストを実現します。

写真説明

当社は、創業以来、「技術で生きる」をモットーとして、その歴史は常に「技術開発への挑戦」です。今後もこの伝統を守り、常に新しい技術への挑戦を続け一歩一歩前進して行きます。

主な機械加工設備

機械設備名メーカー台数仕様
プレス機械 アイダエンジニアリングなど 73 機械・油圧(液圧)式,単動・複動,単発・トランスファー等各種
マシニングセンター 牧野フライスなど 14 金型加工用高速加工仕様,製品加工用等
アルマイトライン 3 全自動電解着色ライン,硬質アルマイトライン
その他、表面処理加工設備 建材,カラー発色,化学研磨,ミラー研磨,自動塗装ライン等各種
3次元レーザ加工機 2 高精度・高品質特別仕様
レーザ溶接設備 レーザフロントテクノロジーズなど 46 各種金属対応自動機 TIG溶接機も各種有り
レーザマーキング装置 キーエンスなど 18 YAG方式で曲面部やデザイン形状にも対応
自動搬送パンチプレス機 コマツ産機など 2 材料にキズを付けない特別仕様 無人運転24時間稼働

企業情報

企業名株式会社 東陽理化学研究所
業種金属製品製造業
取扱品目ステンレス 携帯電話 アルミ パソコン 金属加工 表面処理 プレス加工 筐体 チタン アルマイト ipod
代表者名代表取締役社長 / 島倉 武
本社所在地〒959-1284 新潟県燕市杣木1961番地
資本金(連結)14億3,700万円
従業員数(連結)500名
年間売上高(連結)119億5,000万円
主要取引先伊藤忠非鉄マテリアル㈱、日本金属㈱、日昌㈱、菱樹化工㈱
取引銀行第四銀行、三条信用金庫、商工中金 他
受賞経験燕市「燕大賞」受賞(2002年) 「新潟県労働基準協会連合会長賞」受賞(2003年)
ISO認証取得ISO9001 ISO14001